スプレッドって何だろう

FXをやる前に、スプレッドという言葉を覚えておきましょう。 ここまで見ていても、FXをやる前に、いろいろな言葉を覚える必要があるので、ちょっと大変だって感じているかもしれません。 でも、言葉を知ることで、FXで儲けることにつながるので、しっかりと覚えてください。 FXのスプレッドとは、実質の手数料です。 外貨を買ったり売ったりするときってあると思うのですが、買う時の価格と売る時の価格が違うっていうことは知ってますか。 同じ外貨なのに、どうして、買う時と売る時の価格が違うのかって思ったでしょう。 テレビの為替を見ているときに、1ドル=78円50銭~78円90銭というような表示を見たことがあると思います。 これは、売値が78円50銭で、買値が78円90銭という意味なんです。 なんで売値と買値が違うのかというと、FX会社では手数料無料というところも多いのですが、スプレッドで利益を得ているから売値と買値を変えています。 ちなみに、スプレッドには変動と固定の2種類が存在しているのですが、どちらがいいと思いますか。 FX会社によって変動スプレッドと固定スプレッドで分かれているのですが、固定スプレッドのほうがお勧めです。 変動スプレッドの場合は、変動の幅が大きいので、固定スプレッドであれば、変動せず一定なのでお勧めということです。 これから、FX会社を選ぶときには、そのFX会社が変動スプレッドなのか固定スプレッドなのかをチェックしておきましょう。